お得な外貨預金
FXを利用した外貨預金はとても便利でお金を貯めやすいです。

銀行などを利用した外貨預金よりもFXを利用した方が、レバレッジなどもかけることができるので、銀行でおこなう外貨預金よりも高い利率で運用することが可能です。

また、FXトレードを利用した外貨預金をおこなう場合は利用するFX会社によってスワップポイントは変わってきます。

そのため、できるだけスワップポイントを高く提供している会社を利用するのがオススメになっています。


充実したボーナスシステムでトレーダーを魅了する

yiusre 以前から、充実した入金ボーナスや安定した取引環境によって日本国内でも人気を集めていた海外FXブローカーだったトレーディングポイントは、2012年にXEマーケット(XM.com)と姿を変えました。運営している会社はそのままに、サービス内容をより充実させたのがXEマーケットです。

XEマーケットが人気を誇る最大の理由の1つは、その充実した入金ボーナスです。新規口座開設後の初回入金にウェルカムボーナスを用意している海外FX業者は少なくありません。しかしXEマーケットでは初回入金だけでなく、2回目以降の入金にもボーナスを用意するという豪華さです。これらのボーナスの内容は、キャンペーンによって変わってきますが、現在は初回入金に対しては最大500ドルまでの50%+10,000ドルまでの30%ボーナス、2回目以降の入金には、最大10,000ドルまでの30%ボーナスが用意されています。これらのボーナスを受け取るために特別な操作は必要なく、入金すれば自動的に、ほぼリアルタイムで口座に反映されることも、XEマーケットの特徴の1つです。

またサーバーインフラを始めとした安定した取引環境が整っているのもXEマーケットが人気のもう1つの理由です。経済指数の発表の前後など、取引が殺到するようなタイミングであっても、安定したメタトレーダー4取引環境を提供しています。

XEマーケットでは、投資金額などの取引条件に合わせて、マイクロ、スタンダード、エグゼクティブの3つの口座を用意しています。マイクロとスタンダード口座で初回預託金が20,000ドル以下であれば、最大888倍のハイレバレッジでの取引が可能です。20,001ドル~100,000ドルの入金であれば200倍までのレバレッジ設定ができます。マイクロ口座では1,000ロットからの取引が、スタンダードとエグゼクティブ口座では10,000ロットからの取引が可能です。スプレッドは、米ドル/円で2.0~2.5pips前後、ユーロ/米ドルで2.0pips前後、英ポンド/米ドルで3.0pips前後と、海外業者としては標準的と言って良いでしょう。

XEマーケットの預託金口座への入金は、クレジットカードや電子決済、銀行送金など多彩に対応しています。これらの方法の中でもっとも便利なのがクレジットカードによる入金です。手数料がかからず、ほぼリアルタイムで口座に反映されます。クレジトカードのショッピング枠の利用になるので、比較的大きな金額まで入金ができます。出金についても、24時間以内に手続きがなされるなど、迅速に対応してもらえます。

海外業者の安全性や健全性に疑問を持つ人もいるようですが、XEマーケットならその心配も要りません。XEマーケットは本拠地を構えるキプロスの証券取引委員会(CySEC)の認可を受け、世界でも厳しいと言われるユーロの規則に則って運営されています。バイナリーオプション 比較をしていても、この厳しさは度を越えているような感覚もします。この規則では、顧客資産の分別管理と投資家保護基金への加入が義務ずけられていますので、もし業者が破綻するようなことがあっても、個人の資産は保護されます。