お得な外貨預金
FXを利用した外貨預金はとても便利でお金を貯めやすいです。

銀行などを利用した外貨預金よりもFXを利用した方が、レバレッジなどもかけることができるので、銀行でおこなう外貨預金よりも高い利率で運用することが可能です。

また、FXトレードを利用した外貨預金をおこなう場合は利用するFX会社によってスワップポイントは変わってきます。

そのため、できるだけスワップポイントを高く提供している会社を利用するのがオススメになっています。


ぐんぐん人気が伸びて来ているバイナリーオプション

yiusrereバイナリーオプションというのは、最近非常に多くの人に注目されています。いったいどのようなところが魅力なのでしょうか?

まず、大きな魅力というのは、ルールがわかりやすくて簡単であるということにあります。

簡単にバイナリーオプションのルールを紹介しますと、レートが下がるのか上がるのかということだけを予想するものなのです。

ハイローの二者選択ということなので、非常に簡単な取引になります。

FXの取引のようにチャートを判断して、チャンスを見定めて、というような面倒なものは、ほとんどと言ってありません。

バイナリーオプションの場合には、過程をいろいろ判断するよりも、全て結果だと言えます。

簡単に言うと、二者選択の問題であるため、勝つ確率は半分ですが、半分よりも確率が高く勝てるようになることもあります。

何も考えないで、ただ闇雲に取引を行うとすると勝つ確率は半分ですが、経験や情報などによって、半分を超えた確率で勝てるということは結構多くあるでしょう。

勝つ確率が高くなると、利益もそれだけ増えてくることが期待できると思います。

このようにルールが簡単でわかりやすいので、FXについての経験や知識がない場合でも、取引をすぐに開始することができ、さらに利益を早い段階で確保することができる場合があります。

種類や業者によっても違いますが、結果が出るまで短い時間のものは1分から5分ほどで、長いものでも一週間を超えることはありません。

結果が出るまでの期間が短いということも、バイナリーオプションの魅力と言えるでしょう。

FXの取引の場合は、予想していたものと違った場合にポジションを長期間保持した状態になってしまったり、そのことが要因になってもっと損失が大きくなってしまったりするようなこともあります。

一方、バイナリーオプションにおいては、万一予想していたものと違ったとしても、結果がすぐに出るので、リスクは多くないのではないでしょうか。

初めての人でも参加しやすいということは、このようにリスクが大きくないということが理由として大きなものになると思います。

バイナリーオプションにも種類がいくつかあります。

一定の時間の中で上下のいずれに動くかを当てるものや、一定の時間の中で事前に決めたレートに到達するか否かを当てるものなどがあるため、自分が一番取引を行いやすいスタイルを選ぶようにすることが必要でしょう。

副業の税金

確定申告のシーズンが近づいてくると、副業をしている人はそわそわする時期ではないかと思います。
まず、自分の稼いでいる金額が税金がかかるのかかからないのか。
副業1年目の方はわからないことも多いかと思います。

また、同じ副業でも会社員の方、フリーランスの方、主婦の方など立場が違えば税金のかかり方も変わってきます。
副業で確定申告が必要になるのは所得が20万円以上あった場合とよく書かれているのを見るかと思います。

この所得というのは収入とごちゃ混ぜにしている方もいますが、違います。

収入が20万円以上あったからといって所得が20万円になるというものではないです。
基礎控除、配偶者控除、寡婦控除、特別寡婦控除などというわかりにくい言葉があります。
控除というのは所得から引いてくれるものと、ざっくりそのように覚えておけばいいと思います。


例えば、パート主婦の方が「年間103万円以内」に収めて働いているのは
基礎控除38万円、給与所得控除65万円だからです。
103万円収入があっても、38万+65万=103万の控除がありましたら。
103万−103万=0です。
課税所得は0円ということになります。
ですが、103万円を超えた収入があっても、生命保険料控除のように他に控除できるものがあればやはり課税所得は0円です。

なので、副業にかかる税金というのは、稼いでいる金額が同じでも払う税金は人によって金額がそれぞれ変わるということになります。
一律いくら~なら説明しやすいしわかりやすいのですが、このように控除というものが人それぞれ違うので説明も複雑になりまたわかりにくく
感じるのですね。

なので大体ざっくりとで説明しますと、会社員の方の副業の場合は、本業の給料の方で控除されていると思いますので、副業分に新たな控除額は発生しない
場合がほとんどではないかと推測します。

会社によって違う場合もあるので断言はできませんが大体の場合は年末調整を行っていると思います。
副業で20万円稼いだとしたら控除できるものがなければ所得は20万ということになります。

専業主婦の方の場合は基礎控除38万円分はあるので、年間の収入が38万円までなら税金はかかりません。

フリーターなど数か所で働いた方も、全部の合計を出して計算しなくてはいけません。

雇われて給料という形の収入ならば給与所得控除は65万円ですので、65万円分は税金がかからないのですが、副業で得たお金が給与であるか報酬であるかで
変わりますので、ご自分の副業で得たお金がどのタイプなのかを把握しましょう。